Pine Needle Basketry

くみのパインニードルバスケット

作り方の一例紹介

まずデザイン、大きさをある程度考えて、使う糸とセンターになるものを選びます。松葉でセンターを作ったり、

テネリフというセンターを編んだりもできます。

松葉は少し束ねて芯に使い、それをセンターの周りに糸で止めていきます。デザインにより、ビーズを入れたり、

松葉の鞘も飾りに使ったりできます。作り方の1例を下記でごらんください。

1.松葉の束の芯を

  センターに糸で

  結び付けます。

2.センターの周り

  に芯を一回り糸

  で取り付けます。

松葉の芯は、紐状の状態を

保つように継ぎ足していきます。

なるべく長い松葉の方が作り易いです。

糸になるものはきれいで、丈夫で

細いものなら、かなり何でも使えます。

6.出来上がったところ。

  このバスケットは松葉の鞘も

  デザインに使って外から見える

  ようにしてますが、鞘の部分は

  使わないことが多いです。

3.それを繰り返して、

  渦巻き状にセンター

  の周りに松葉の芯を

  糸で止めていきます。

4.底の部分が出来たら

  今度は側面を作ります。

 

5.形がだいぶ出来てきました。

どうです? 面白そうですか?

​もっといろんな色、形のが出来ます。

展示ギャラリーをご覧になってください。

くみのパインニードルバスケットのサイトです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now